失業保険の貰える額を計算する

失業保険

通常みなさんがよく使う失業保険、正式には『基本手当』と呼ばれます。この基本手当は日額手当になります。

では、計算方法を算出してみます。

概算しか計算できませんので詳細な金額を知りたい場合、ハローワークにお問い合わせ下さい。

基本手当の計算方法

基本手当の算出には『賃金日額』を元に計算されます。 賃金日額は前職から6ヶ月にさかのぼった総賃金を160で割った額になります。

例:前職からさかのぼった賃金が180万だった場合は180÷160=11,250円になります。

離職時の年齢が30歳未満の方
賃金日額 給付率 基本手当日額
2,290円~4,580円 80% 1,832円~3,663円
4,580円~11,610円 80%~50% 3,664円~5,805円
11,610円~12,740円 50% 5,805円~6,370円
12,740以上 6,370円
離職時の年齢が30歳以上45歳未満の方
賃金日額 給付率 基本手当日額
2,290円~4,580円 80% 1,832円~3,663円
4,580円~11,610円 80%~50% 3,664円~5,805円
11,610円~14,150円 50% 5,805円~7,075円
14,150以上 7,075円
離職時の年齢が45歳以上60歳未満の方
賃金日額 給付率 基本手当日額
2,290円~4,580円 80% 1,832円~3,663円
4,580円~11,610円 80%~50% 3,664円~5,805円
11,610円~15,550円 50% 5,805円~7,775円
15,550以上 7,775円
離職時の年齢が60歳以上65歳未満の方
賃金日額 給付率 基本手当日額
2,290円~4,580円 80% 1,832円~3,663円
4,580円~10,460円 80%~45% 3,664円~4,707円
10,460円~14,860円 45% 4,707円~6,6873円
14,860以上 6,687円

60歳までは、年齢が高くなるほど基本手当の上限額がアップしていきます。

この計算式を見るとおり、給付率は最大でも80%しかないのでm、前職の給料と同じ水準の手当てを受け取る事はできません。

基本手当は『毎月勤労統計』の結果に基づき、毎年8月1日に改定される場合があります。

(この情報は2018年7月現在)

職歴の乏しい方にお勧めの転職サイト



DYM就職は、第二新卒,既卒,フリーターの就職に強い転職サイトです。

登録すると書類選考無しで面接を受けることができるので、職歴が無くても全く問題無し!!

就職率は96%と実績も十分です。