効果的な職場ストレスを発散する方法

職場全般

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

職場のストレスが全くたまらない人なんていないのではないかと思う私です。

個人の性格や経験に差はあっても、新卒からベテランまでどのような年代の人もなんらかのストレスを感じていることでしょう。ですが、働いている人は誰だってそのストレスを溜め込まずに何らかの方法で発散しているはずです。

今回は、老若男女楽しめる効果的な職場ストレスの発散方法をリサーチしたのでいくつかご紹介します。

職場ストレス発散法

美味しいものを食べる

自分の好きな食べ物や美味しいものを味わうことは、万人向けのストレス発散方法No.1と言っても過言ではないでしょう。

食欲を満たすことは本能的な欲求の充実の1つでもあるので、「快」の感情をダイレクトに感じることになり、ストレスの発散に大きく貢献してくれるのです。

また、仕事の後に食べる美味しいものは格別です。筆者の周りには、難しい仕事を頑張らなければいけない時には、仕事後の自分へスペシャルなご褒美を用意している方もたくさんいました。

美味しいものを食べるというシンプルな方法は、モチベーションコントロールにもつながり、とても大きなストレスの発散効果を生み出すことができるのです。

大声を出したり体を動かす

大声を出したり体を動かすことも、大きなストレス発散効果を持っています。カラオケに行ったり、スポーツで声を出しながら汗を流すことをストレス発散法にしている方はとても多いのです。

ちなみに筆者の先輩は通勤に使っている車の中で、出勤時と退勤時に好きな音楽を流しながらそれに合わせて大声で歌っているそうです。

コスパも良く、時間も節約しながら手軽にできておすすめだと言っていました。大声を出したり運動することは交感神経を刺激することから、脳の活性化につながりストレスの発散と共に仕事へのやる気や前向きな気持ちを引き出してくれるのです。

ゴロゴロまったりする

独身の方や子育てが終わった世代の方に多かった回答が、家等でゴロゴロしてまったりするでした。一人で時間をとれる方はカフェに行ったり、思う存分寝たりしているそうです。女性の場合はサロンやエステでリラックスするという方もいるようです。

また、もちろん子育て真っ盛りの忙しいパパさんママさん達も、ゆっくりとした時間はとても癒されてストレス発散になるのだそう。彼らの場合は子供と一緒にお昼寝したり、映画を見たりして団欒を楽しむそうです。

このゆっくりした時間とることがストレス発散になる理由は、リラックスに大きく関係する副交感神経に作用するからです。リラックスは心身の休息をはかり、日々のエネルギーをチャージしてくれるのですね。

お酒を飲む

「仕事終わりの一杯」というやつです。お酒を飲んで朗らかで明るい気持ちになって嫌なことを忘れようという作戦です。

また、お酒の好きな方に対して「このストレス発散法がどうして良いか1番の理由はなんですか」と尋ねると、「オンとオフの境界になるんだ」と言っていました。『お酒を飲める=仕事から離れる 』という風に生活を切り替える際のスイッチになるのだそうです。

酒は百薬の長と言いますが飲み過ぎはよくありません。しかし体を壊さないように気をつけて上手に飲めば、飲み友達もできて良いストレス発散法になるでしょう。

誰かに話を聞いてもらう

これも様々な年代から支持を得ていたストレス発散法です。現在は1人に一台携帯電話をもっている時代ですし、一定額で電話がかけ放題というプランも多くなってきています。

また、チャット形式で複数の人と同時にメールができたりもします。そのような背景から、直接会って話をするだけではなく、携帯電話等を使って職場の愚痴を家族、恋人、友人に話して聞いてもらう方がたくさんいます。

他者に話を聞いてもらうという方法は、自分が話すことによって、次第に気持ちや考えの整理ができるので、心理学的にも大変効果的なストレス発散方法なのです。

一方で反対に自分が聞く方になっても良く、相手の話を聞くことによって情報収集できるので知識を得たり、ストレスの因子を共有して安心することもできるでしょう。話を聞いてくれる人の存在に感謝をして、職場の悩みや思いを話しましょう。

旅行する

旅行は新しい発見や刺激を五感から体感でき、仕事や日常からかけ離れた空間を味わうことによってストレスを発散できる良い方法です。

泊まりがけの旅行や遠距離への旅行はお金も時間もかかりはしますが、非日常的な感じを味わうにはとても良いでしょう。

ちなみに筆者の1番のストレスの発散法も旅行ですが、私の場合は日帰りで行ける近くの穴場を散策するようにしています。無料で入館できる施設や、温泉等を巡ればコスパも良く、ちょっとしたプチ旅行気分を味わうことができます。

まとめ

働き盛りの方ならば、誰にでもできる効果的な職場のストレス発散法を6点紹介しましたがいかがだったでしょうか。

ストレスは溜まると心身に悪影響を及ぼすものではありますが、必ずしも全てが悪い物と言うわけではありません。適度なストレスは人の意識を高くし、向上心を与えてくれたりするものです。

大切な事は、ストレスを適度に受けながらそれを上手にコントロールすることなのです。この記事を読んでくれたあなたも自分に合ったストレス発散法を見つけ 、バリバリお仕事をがんばりましょう。

自分の適正年収を調べる

「転職サイト@type」に登録すると自分の適性年収を調べることができます。

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

もちろん、全てのサービスを無料で利用できるので、求職中の方はもちろん、就業中の方も、自分の適正年収がどれぐらいなのかを調べてみて下さい。