アルバイトでも有給休暇を取得できる!

アルバイトでも正社員と同様に有給休暇の取得が可能です。

しかし、アルバイトは有給休暇がもらえない!と思っている人って結構多いです。

何故、そう思っている人が多いのでしょうか?

それは、雇用主が雇用契約を結ぶ際に有給休暇に関する説明をしないパターンが多いからです。(雇用主側からしたら有給休暇を使われるより、一日でも多く働いてくれる方がメリットがありますからね)

そういった背景もあり、何も知らされずに退職してから気づくという人も多いです。ちなみに、私も学生の時に2年間同じ会社でアルバイトをしていましたが、有給休暇の存在を知らされずに1日も使うことなく退職したという苦い経験を持っています

しかし、アルバイトをしていれば誰でも貰えるわけではありません。

アルバイトの有給休暇の取得条件

  • 雇用から6か月間継続して勤務している
  • 全労働日の8割以上出勤している

アルバイトでも週に30時間以上働いている場合は、正社員と同様の扱いで有給休暇を取得できます。

では、週に40時間も働いていないアルバイトは有給休暇の取得は出来ないのか?

いえ、取得できます。

パートやアルバイトの方には勤務日数(時間)に応じて有給休暇を取得できる日数が変わるというシステムがあります。

これを『比例付与』といいます。

これはどういうことかと言うと、正社員の場合は6ヶ月勤務をすれば10日間の有給休暇を取得できます。これは週に5日間働いた場合につきます。

ですが、パートやアルバイトの方の場合、毎週5日フルタイムで働いていない人も多いです。

そんな方の為に、少ない日数でも有給休暇を与えよう!しかし同じ休暇日数を与えると不公平になるので、勤務した日数に応じて休暇日数を設定するというのが『比例付与』です。

アルバイトの有給休暇の取得日数

週間 労働日
年間 労働日
6ヶ月 1年半 2年半 3年半 4年半 5年半 6年半
4日
169~ 216日
7日 8日 9日 10日 12日 13日 15日
3日
121~ 168日
5日 6日 6日 8日 9日 10日 11日
2日
73~ 120 日
3日 4日 4日 5日 6日 6日 7日
1日
48~ 72 日
1日 2日 2日 2日 3日 3日 3日

では、この表に当てはめて考えていきましょう。

仮に週4日の勤務であれば半年後に7日、週2日しか働いていない方には3日という風に働いた日に比例して有給休暇の取得日数が設定されています。

これを見ても分かるようにアルバイトでも有給休暇を取得できることは一目瞭然です。

勤務する会社や事業所によっては、こういった説明はされないかもしれませんが、しっかり権利はありますので安心してください。

上記を見ても分かるように、有給休暇の取得条件は働く日数(時間)で決定されます。決して仕事の力量で決まるわけではありません。

自分の適正年収を調べる

「転職サイト@type」に登録すると自分の適性年収を調べることができます。

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

もちろん、全てのサービスを無料で利用できるので、求職中の方はもちろん、就業中の方も、自分の適正年収がどれぐらいなのかを調べてみて下さい。