会社の健康診断は必ず受診しなきゃいけない?

職場のルール

会社で毎年1回健康診断があります。友人が働いている会社は会社の敷地内に健康診断をしてくれる車が来て診断してくれるらしいので楽ですが、私の会社では自分で病院に行って健康診断を受診しなければいけません。
正直面倒くさいし、まだ私は19歳で健康に気を遣う年齢ではないので、先輩に受診しなくてもよいですか?と聞いたら皆行っているのであなたも行きなさい!と言われました。
健康診断は必ず受診しなくてはいけないですか?

必ず受診しなければいけません

健康診断は従業員の義務

健康診断は従業員の健康状態を把握して、適切な健康管理を行う為に必要ですが、質問者さんの様に面倒だから行きたくないと思われている方も多いです。私も20代の時は健康に関して全く気にしていませんでしたから・・・・

しかし労働安全衛生法により、会社(事業者)は従業員に対して健康診断を受診させなければいけないという決め事があるので、例え受診者本人が拒否しようとも原則として健康診断は必ず受診しなければいけません。

もし義務化しないのであれば、お金がかかるから従業員に健康診断を受診させない会社が急増してしまうので、労働安全衛生法にてキチンと定められているのです。

定期健康診断の受診項目

定期健康診断とは、年に1回受診する健康診断です。

検査項目
  • 身長・体重・復位
  • 聴力・視力検査
  • 血圧測定・尿検査
  • 血液検査(肝機能検査・貧血検査など)
  • 心電図検査
  • 医師の診断

検査項目は決められています。後は、年齢によって胃の検査(バリウムか胃カメラ)が追加されます。(年齢条件を満たしていなくても希望すれば受診できることが多い)

入社時にも健康診断を行う必要がある

入社時にも定期健康診断と同様の健康診断を受診する必要があります。

ですので、新卒で会社に入社したのであれば、原則的にまずは健康診断を受診してから業務に取り掛かることになります。

特定業務従事者は半年に1回

  • 深夜勤務
  • 暑熱な場所における業務
  • 汚染のおそれがある場所での業務

など、厚生労働大臣が定める特定業務従事者は、半年に1回健康診断を受診する必要があります。但し、心電図に関しては被爆の影響(?)もあるので1年に1回の受診で構いません。

健康診断のQ&A

健康診断は就業時間に入るの?

会社から指示されて行うので勿論、就業時間に入ります。

ある程度の事業所であれば、巡回健診で検査車が来て会社内で診断してくれるので業務の一環として認識されやすいかもしれませんが、質問者さんの会社の様に病院に行って自分で検査する場合でも就業時間に入ります。

健康診断はいつ診断しても良いの?

巡回健診であれば、日時が決められているので変更できませんが、従業員が各自に病院に出向いて診断する場合は、ある程度の期間内(1~2か月ぐらいの範囲)であればいつ行っても構いません。

逆にみんなで一斉に行けば業務が止まってしまいますからね・・・

病院に検査に行く場合、検査が終わればあとは自由?

検査は長くても半日で終わるので、午前中で健康診断が終われば昼から会社に戻らなくてはいけません。

ただ私が勤めていた職場でもそうでしたが、健康診断に行く日は午前中に健康診断へ行って昼から半休を取得して休んでいる方が多かったです。

バリウムを飲んでから業務するのはキツイ・・・(笑)

健康診断の結果で解雇になることはあるの?

原則的に解雇になることはありません。

例えば、血圧やコレステロールが異常に高ければ脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などのリスクが上がるので、無理な残業はさせられない・・・など、会社にとってデメリットが発生します。

それならいっそのこと解雇にしてしまえば良い!と考える事業者もいるかもしれませんが、その程度のことで解雇にすることはできません。

健康診断の結果で内定取り消しになることはあるの?

これは難しい問題です。

内定通知書を貰った後であればどんな結果であれ内定を取り消すことはできないと考えられますが、まだ内定を予定している段階(内々定)であれば採用取り消しにできると考えられます。(裁判でも争われた)

但し、面接の段階で業務に支障が出るぐらいの重大な健康障害があるのを知っていたのにも関わらず、それを隠していたのであれば、内定通知書を貰った後であっても内定取り消しになる可能性は高いです。

まー、血圧やコレステロールが高いだけで内定取り消しになることはまず無いですがね。

自分の適正年収を調べる

「転職サイト@type」に登録すると自分の適性年収を調べることができます。

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

もちろん、全てのサービスを無料で利用できるので、求職中の方はもちろん、就業中の方も、自分の適正年収がどれぐらいなのかを調べてみて下さい。