職場で自分の悪口を言っているのを偶然聞いた時の対処法

人間関係

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

職場での自分の立ち位置や、人気、評判などはどうしても気になるものです。

しかし、もしもロッカールームや給茶室などで自分の悪口が言われているのを偶然聞いてしまったらあなたはどうするでしょうか。

悪口は言っている方が悪いと分かっていても、言われたほうは心穏やかではありませんよね。今回は職場で自分の悪口を言っているのを偶然聞いたらどうするのが良いのか考えていきたいと思います。

考えておきたい対処法

その場はそっと離れる

ぶっちゃけた話、これが1番無難で大人な対応でしょう。悪口を言っている人たちはあなたに面と向かって言えないのですから、影で悪口を言っているだけなのです。

面倒なことに巻き込まれないようにそっとその場を離れてしまいましょう。もちろん、これからは職場でのその人たちとのお付き合いも考え直した方が良いでしょう。

悪口を言われているのに、そのまますごすごと去っていくなんて臆病だと言う人もいるかもしれませんが、むしろ悪口を言っている人たちの本性をこっそり垣間見ることができてラッキーなのです。

人の隠れた部分を発見したのですから人付き合いを見直す良い機会なのです。

すみませんと言って自分から間に入る

その場はそっと離れる方法とは反対に、あえて自分から悪口を言っている人たちの中に飛び込んでいく方法です。これはかなりの勇気がいりますね。

この方法は、それなりのリスクはありますが相手をこれから牽制するには効果的な方法でもあります。相手はあなたに自分の本性を見られたのですから少したじろいでしまうでしょう。

ただしあなたがこの行動を取った後は堂々としておかなければなりませんし、明らかにあなたが職場で悪い行動をとっていた場合は自分から間に入っても相手を牽制することにはつながらないのです。

また、悪口を言っている人たちがどのような空気で話をしているのかきちんと観察しないと、自分がもっと痛い目に会うかもしれないので注意が必要です。

否定も肯定もせずに一言言ってからその場を去る

この方法は、上記に記載した『すみませんと言って自分から間に入る方法』でも使えるのですが、相手の方が先にあなたを発見した場合にでも使えます。

「そのように思われていたのですね」「残念に思います」などと言って颯爽と去ってしまいましょう。この方法も、自分に特に非がない場合は相手を牽制するのに使える方法の1つではありますが、自分に悪いところがあるのであれば何も意味をなさないので注意が必要です。

むしろその場合は相手からの反感をよりいっそう買ってしまってことが大きくなってしまう可能性もあるため使い際は良く考え、言葉を選んだ方が良いでしょう。

こっそり録音する

こっそり録音すると言う方法は、パワハラや職場のいじめに自分が合っている場合、身を守るための材料の1つとして悪口と言うデータを入手すると考えてください。

このような悪口のせいで業務に支障をきたしたり、心身がボロボロになるほどの何らかの障害を負った場合には相談窓口や労働基準局等へ提出する 1つの武器になるのです。

悪口をその場にとどまって聞き続けるのは辛いかもしれませんが、もし自分がパワハラやいじめで切羽詰まった状態にあるのであれば録音してみても良いと思うのです。

家に帰ったら…

上記に自分が悪口を言われているかに遭遇したらどうするかと言う方法は記載しましたが、ここではその悪口を聞いた後どのように過ごしたら良いのか簡単にアドバイスしようと思います。

言われたことを思い出して自分を省みる

悪口の内容思い出す事は辛いとは思いますが、もしかしたら悪口の内容の中にはあなたが成長するためのヒントが隠されているのかもしれません。

あなたはその人たちが言っていたことを悪口だと認識してしまったようですが、もしかすると悪口を言っていた人やその他の人はあなたの欠点に対して困っているのかもしれません。どのような人でも欠点は必ずあるので、決して恥じる事は無いのです。

悪口を言っていたときの口調や雰囲気、どのような人物が言っていたのかを思い出し自分を反省してみるのも悪くないでしょう。

とにかく気にしないこと

悪口を言われたら少なからず傷ついてしまうものです。でも全ての人と上手に付き合っていける人はほとんどいない位難しいことなのです。

悪口の内容は、言っている人が話を盛って言っているのかもしれません。悪口を言われたことやその内容をダイレクトに受け止めるのではなく客観的に見て、とにかく自分は自分であり、ありのままのあなたでいることを止める必要は無いので気にしないことが大切なのです。

気分転換を図ってリフレッシュする

悪口を言われたら心身を癒すように自分で心がけることも大切なライクワークの1つです。仕事で言われた悪口は仕事での悪口にしか過ぎず、プライベートでは関係のないことなのです。

気分転換を上手にはかるようにし、また明日から出勤できるように心を整えることも忘れないようにしましょう

まとめ

人間は必ず誰しも好きな人があり嫌いな人があるものです。嫌いな人に対しては大きな問題ではなくても悪口を言いたくなる人がたくさんいるのです。

よって、悪口を偶然聞いても、たまたまそれが自分であり、たまたまその場に総合しただけであって大きな問題では無いのです。

あなたがしなければいけない大切な事は自分に反省する点はないか客観的に見つめ、悪口を言われていてもあまり気にせず過ごすようにすることなのです。

自分の適正年収を調べる

「転職サイト@type」に登録すると自分の適性年収を調べることができます。

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

もちろん、全てのサービスを無料で利用できるので、求職中の方はもちろん、就業中の方も、自分の適正年収がどれぐらいなのかを調べてみて下さい。