苦手な女性上司との上手な付き合い方

人間関係

部下を選ぶことができでも上司を選ぶことはできませんよね。

運よく自分と気が合う上司と巡り合えればいいですが、私の様に苦手な上司にあたってしまうとそれだけで憂鬱になります。私(男)の上司は女性ですが、ここでは男性に向けて苦手な女性上司との接し方について記事にしていきます。

私の状況

私はサラリーマンですが、事務系の仕事をしており、女性が非常に多い職場です。したがって、上司も女性ですが、かなり癖のある女性で、職場のみんなから恐れられています。

なお、職場のみんなは、その上司を恐れているので、職場の雰囲気は当然最悪です。新しく他の部署から異動してきた人は、その上司が嫌で、また他の部署への異動を希望し、長続きしません。

社員が続かないので、派遣社員を雇いますが、あくまで期間で契約しているので、それこそ最初の契約期間で皆さん打ちきり、けして更新しない状況です。したがって、今いるメンバーは、新入社員からここに配属されたメンバーと、中途入社で入った私のみだけが変わらずにいる感じで人の循環もないので、より雰囲気は悪くなります。

ちなみに、私は子供も二人いますので、簡単にはもちろん辞められませんが、この上司との接し方を考えて行動しているので、他のメンバーよりも、うまく付き合っているかと思います。以下は、私がこの苦手な上司と接する上で割りきって行っていることになります。

上司と上手く接するために気を付けること

発言に対してとりあえず肯定する

一点目に気をつけていることは、まずは彼女の発言をはじめは必ず肯定するようにしています。

かなり思い込みが激しい上司で、いきなりキーキー話しかけて来ることが多いので、正直なところイラつくことが多いです。ただし、人一倍プライドが高いので否定されると、倍以上のキーキー声で反撃してきます。

理屈にかなった反撃ならまだしも、明らかに上からの圧力な感じで、感情的な話になってしまうので、こうなると収拾がつきません。したがって、どんなに間違ったことを云ってきても、ぐっとこらえてまずは頷くようにしています。そして、彼女が言ったことを認めた上で、他の見方や考え方もあるのではと、意見を言さうようにしています。

彼女は特に周りに人がいるほど、自分のプライドを傷つけられるのを拒むので、特に周りに人がいるときは、どんなに馬鹿げた無いようでもまずは肯定するようにしています。そうすると、不思議と意見も聞いてくれるようになります。

距離を近づけ過ぎない

二つ目に気を付けているのは、必要以上に距離を近づけ過ぎないことです。

まずは、毎日ある昼食などの半分プライベートな時間は、別に行動するようにしています。サラリーマンであるならば、上司と共に行動することは、出世をする上での鉄則であり、この行動は正直なところ悩みました。

やはり、人事の評価を下すのは上司であり、上司も人間である以上、近い距離にいる人ほどかわいく、なんだかんだで評価は高くなります。特に、この女性の上司は他の人に比べても非常に感情的なので、評価に影響することは目に見えていました。

ただし、食事の時間まで嫌いな上司に気を使い、精神的にまいってしまい働けなくなっては見も蓋もありません。したがって、私はこの毎日ある半分プライベートな時間である昼食は席を共にしないことに決めています。ちなみに、席をこの女性の上司と共にしていた人もいましたが、いずれも聖人に参ったのか、今は誰も彼女とお昼を共にしていません。

したがって、途中から距離をとるよりもはじめから距離をとったので、むしろ正解だったと思います。

会社の行事ごとでは出来るだけ親交をもつ

先ほどとは逆にはなりますが、いわゆる慰労会や納会などの季節的なイベントやスポーティー的な行事は、出来るだけ参加して行動を共にするようにしています。

たまにのイベントなので、まずは割りきってその場だけ行動を共にできるのがメリットです。毎日続くとなるとうんざりしますが、たまにと割りきれればそれほど精神的な苦痛はありません。

また、そのようなイベントは自身の部署だけでなく、他の部署や他の担当の人もきますので、女性の上司は対外的な見え方を非常に気にして、自部署の出席率が悪いと、非常に機嫌が悪くなります。

私は先に記載した通り、出席しますが他のメンバーは出席せずにいつも上司は私に口を言っている状況です。したがって、たまにのイベントは嫌いな上司ですが、顔建てるためにも、サラリーマンとして、出席するようにしています。

最後になりますが、このご時世なので、無理して上司に付き合いすぎる必要もないと思いますが、やはり評価するのは上司になります。したがって、最低限の顔を建てる気持ちは忘れないようにした方が良いと思います。

自分の適正年収を調べる

「転職サイト@type」に登録すると自分の適性年収を調べることができます。

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

もちろん、全てのサービスを無料で利用できるので、求職中の方はもちろん、就業中の方も、自分の適正年収がどれぐらいなのかを調べてみて下さい。