男性部下・女性部下に言われて腹が立つ言葉集

人間関係

僕が初めて部下を持ったのは32歳のときです。

「とうとう自分が部下を持つ立場になったのか!」と感慨深いものでした。

「自分は、部下の意見をどんどん吸い上げて、部下から頼られる上司になって、どんどん成果をあげてやろう!」と意気込んでいたものでした。

最初のころは、うまくいっていたのです。ただ、半年を過ぎたころから、なんだか雲行きが怪しくなってきたのですよ…。

僕が「上司としての器が小さかった。」と、言われればそれまでなのですが、何度も部下に対してキレそうになっていました。

今回は、僕の憂さ晴らしとして、部下に言われて腹が立った言葉を聞いてください!

男性部下から言われた、腹が立った言葉

まずは、僕より下の20代男性と、僕より年上の30代男性から言われた、腹が立つ言葉から聞いて下さい。

ウソ編

「これ、〇○さん(僕のこと)が自分で言っていましたよ。」

これは、部下が自分で失念していたことを、僕のせいだと言い切ったときの言葉です。僕は絶対に言っていないのに…。

「親の具合が悪いので休みます。」

これは、会社を休む口実に言われた言葉です。恐らく寝坊でもして、会社に行くのが面倒になったのではないでしょうか…。全く学生気分が抜けていない部下です。

言い訳編

「モチベーションが上がらなくて。」

これは、仕事の締切りに間に合わなかったときに言われた言葉です。

モチベーションが上がろうが、下がろうが、社会人として、仕事を期限内に終わらせるべきですよね。そもそも、モチベーションは言い訳として通用しません。

あきらめ編

「自分には無理です。できません。」

これは、新しいプロジェクトのリーダーに部下を任命したときに言われた言葉です。

どうして、「やってやろう!頑張ってみよう。」という気持ちにならないのでしょう。自分に自信がないのか、はたまた、ただ面倒なのか。向上心がない部下は、腹が立ちます。

なめられている編

「僕〇○さん(僕のこと)みたいにうまくやれないんで。」

これは、年上の部下に、もっと自分を上にアピールしたらどうか、と助言したときに言われた言葉です。僕が、上にゴマすりをして今の立場を手に入れた、と言いたいのでしょうね。

「時代遅れですね。」

これは、僕が指示した方法よりも、もっと簡単に行うことができるツールがある、と指摘された時に、最後に言われた言葉です。自分の勉強不足なのは百も承知ですが、「言い方ってもんがあるだろ!?」と腹が立ちました。

「そんなことも知らないんですか。」

これも、先ほどと同じような状況で言われた言葉です。完全にバカにされていますよね。

マナーがない編

「うぃっす。」

完全になめられていますよね…。確かに年齢はほとんど変わらないのですが、上司に対する言葉ではないですよね。

僕は上司となった当初、部下と和気あいあいとした雰囲気で仕事を共に進めていきたいと思っていました。そのため、彼らを誘って何度も飲みに行ったこともあります。

結局それがアダになってしまったようです。部下との距離を縮め過ぎてしまったようですね。

今は、部下との距離を保つために、親し気に話すことを止め、敬語を使って話すようにしています。

女性部下から言われて、腹が立った言葉

次に、女性の部下から言われて腹が立った言葉です。

女性に対しては、こちらの、ちょっとした言葉が「セクハラ!」と言われかねないので、非常に気をつかっています。

嫌味編

「△△さん(前の上司)はこんなこと言いませんでした。」

これは、他の女性社員から、彼女の香水が強すぎるので注意をして欲しいと言われて、優しく注意したときに言われた言葉です。

確かに△△さんは、僕より包容力のある上司だったですけどね…。でも、僕は何と言って注意したらよかったのだろう。未だに答えは出ません。

「◇◇さん(他の部署の上司)すご~い!」

これは、他の部署の男性に言いつつ、最後にチラリと僕を見ながら言った言葉です。「◇◇さんは、すごい。それに比べて〇○さん(僕のこと)は、ダメよね~」という心の声が、僕にはちゃんと聞こえてきました。

ウソ編

「体調が悪いので。」

これは、彼女に仕事を頼んだ時に言われた言葉です。この仕事を受けると就業時間が過ぎると思ったから、こう言ったのでしょう。「今日は予定があるので、できません。」と正直に言ってくれれば良いのになぁ。

「聞いていません。」

これは、自分が失念していたことを、他の人のせいにしたときに言った言葉です。「忘れていました。ごめんなさい。」と素直に言って欲しかったな。

何も言えない編

「それ、セクハラですよ。」

これは、仕事上のミスで落ち込んでいた女性に、昼食に誘ったときに言われた言葉です。この言葉を言われたら、男性社員は何も言えませんね…。

女性が、どこからがセクハラと捉えるのかが、僕にはさっぱりわからないのですよ。僕はただ、彼女を励ましてあげたいと思っただけなのですがね。

この他、女性に何かを頼んだときの対応でも腹が立つことがあります。キレ気味の「わかりました(怒)」目を合せない「わかりました(嫌々)」「……。」無言。

女性には、どんな言葉が「カチン」とくるのかが、僕には全くわかりません…。まぁ、これは嫁さんにも言えることですが…。

まとめ

僕が、部下から言われて腹が立った言葉を紹介しました。

自分の適正年収を調べる

「転職サイト@type」に登録すると自分の適性年収を調べることができます。

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

もちろん、全てのサービスを無料で利用できるので、求職中の方はもちろん、就業中の方も、自分の適正年収がどれぐらいなのかを調べてみて下さい。