プライドの高い上司との上手な付き合い方

人間関係

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

プライドの高い上司に悩んでいる方も多いと思います。職場の上司となると、立場の低い自分は絶対的に不利ですよね。

そして、そんな上司と毎日顔を合わせるのですから、精神的にもかなりつらいでしょう。

今回は、そんなプライドの高い上司と、上手に付き合っていく方法を紹介します。

否定的な言葉、態度はNG

プライドの高い人は、まず「否定」されることを非常に嫌います。

ましてや、立場の低い部下から否定的な言葉や態度をとられた日には、間違いなくけちょんけちょんにやられてしまうでしょうね…。

プライドの高い上司の受け取り方

否定的な言葉・態度=自分が否定された。と変換されます。

否定的な言葉や態度をとることは、プライドの高い上司にはもっともやってはいけないことです。

対処方法

もしも、完全に上司が間違っていたとしても、そこは「グッ」と我慢をしましょう。まずは「そうですね」などと、上司の言葉を肯定してあげましょう。そして、間違った部分を、質問などを交えながら指摘していくのです。

例えば、納期が1カ月後だと言ったものを、上司が忘れていて1週間後までにやれ、と言われた場合

  • NG「この間は、1カ月後だと言われましたよ!」
  • OK「この間は、1カ月後だと言われましたが、何か状況が変わったのでしょうか?」

このように、否定したまま会話を終えず、質問を投げかけてみるのです。

そうすると、もし上司が言ったことを忘れていた場合、「先方から早くしてくれと言われた。」など、言い訳などをする余地ができて、事が荒立たなくなるはずです。

完全に否定されてしまうと、「自分はいつでも正しい」と思っている、プライドの高い上司は、「つべこべ言わずやれ!」などと、キレてしまうと思いますよ。プライドの高い上司には、絶対に完全否定をしないこと。これ鉄則です。

肯定し過ぎもNG

プライドの高い上司には、否定的な言葉、態度はNGだと紹介しました。だったら、何でも「そうですね」と肯定しておけば良いのでしょうか?

プライドの高い上司の受け取り方

何から何まで肯定をしてしまうと、プライドの高い上司はどんどん図に乗ってしまうでしょう。

間違ったことを言っても、肯定されるのですから、上司は「間違ったことを言っても問題ないだろう」と自信過剰になってしまいます。

対処方法

これは、先ほどの対処方法と同じで、肯定+質問という形で乗り切りましょう。肯定ばかりしていると、上司はつけあがるだけです。そうすると、自分だけでなく、周りの人にも迷惑を掛けてしまう可能性があります。間違っていることは、やはりキチンと指摘することが必要です。

プライドを傷つけないように、質問という形をとることよって、間違っていることをやわらかく指摘することがポイントですよ。

知っていてもそれを言わない

プライドの高い上司というのは、知ったかぶりをする傾向があります。もし、その情報を自分が知っていたとしても、「知っている」ということを言葉や態度にだすことはNGです。

また、その情報が間違っていた場合にも、「間違っている」と指摘することはNGですよ。これは「否定」された、と捉えますからね。間違っていた場合は、指摘したくてウズウズするかもしれませんが、ここは我慢。サラッと聞き流しましょう。

そして、話は早めに切り上げることも重要です。話に深入りしてしまうと、プライドの高い上司は調子に乗ってどんどん自分の知識をひけらかし、話が長くなる危険性がありますよ。

上司の知ったかぶりの話などは、長々と聞きたくないですよね。上司の機嫌を損ねないように、うまく話を切り上げましょう。

褒めてあげる

プライドの高い上司は、自分の知っている知識や、自慢をする傾向があります。

その知識や自身が大したことがなくても、「すごいですね」「さすがですね」などと、褒めてあげると良いですよ。「褒められた」ということで、プライドの高い上司の自尊心が満たされます。自慢話をつまらなそうに聞くのは絶対にいけませんよ。

ただ、褒めすぎると、今度は話が長くなる危険性がありますので、ほどほどにすることもポイントです。人の自慢話なんて、聞いていても面白くもなんともありませんからね。

気に入られている人のマネをする

一緒に働く仲間の中でも、プライドの高い上司と上手く付き合っている人は必ずいるはずです。その人が、その上司に対して、どのような態度をとっているか、よく観察してみてください。

その人も、プライドの高い上司との付き合いで苦労した経験があるかもしれません。そして、うまく付き合うために心がけていることがきっとあるでしょう。それをアドバイスしてもらうのも良いですね。

まとめ

毎日の通勤・仕事だけでも大変なのに、それに加えて、プライドの高い上司と働かなくてはいけないのは、精神的にとてもつらいですよね。

プライドの高い上司は「子ども」、自分は「大人」、と割り切って付き合うしかありません。

ここで紹介した、対処法を参考に、少しでもプライドの高い上司と上手く付き合えるようになれば幸いです。

自分の適正年収を調べる

「転職サイト@type」に登録すると自分の適性年収を調べることができます。

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

もちろん、全てのサービスを無料で利用できるので、求職中の方はもちろん、就業中の方も、自分の適正年収がどれぐらいなのかを調べてみて下さい。