男性に対するセクハラが増えている

男女雇用機会均等法でセクハラに対しての定義がされています。2007年の改定前までは、セクハラの対象は女性のみでしたが、改定後には、従来の女性に加えて男性もその対象に加わりました。

女性に対するセクハラ行為と言えば、性的欲求を満たすために性的関係を要求したり、不必要に体を触ったりすることで、相手に対して不快な思いをさせるというのは、具体的に想像できますが、男性に対するセクハラと言っても、なかなかピンとこないかもしれません。

男性に対するセクハラの例

  • 体を触るなど性的欲求を満たすためのセクハラ
  • 休日に無理やり買い物に付き合わせる
  • 宴会で裸踊りを強要する
  • 彼女がいないことに関してからかう
  • 卑猥な写真を見せて感想を求める

基本的に女性に対するセクハラと同じで考えてよい

セクハラとは性的欲求を満たすための行為です。それは女性であっても男性であっても基本的には同じです。セクハラと言えば男性が加害者で女性が被害者という構図が一般的ですが、近年、上司の女性が部下の男性に対して、セクハラをする事例が増えてきています。

ですので、「俺は男性だからセクハラに遭うことはない」「私は女性だから加害者になることはない」と思い込むことは止めましょう。

職歴の乏しい方にお勧めの転職サイト



DYM就職は、第二新卒,既卒,フリーターの就職に強い転職サイトです。

登録すると書類選考無しで面接を受けることができるので、職歴が無くても全く問題無し!!

就職率は96%と実績も十分です。