大型連休後って会社に行きたくないよね!克服する方法

職場の悩み
智子
和夫先輩!次の連休楽しみですよね~
和夫
そう言ってる割には随分憂鬱な顔してるよね
智子
そうなんですよ。どうしても連休明けってやる気が起きないっていうか…。会社に行くのが嫌になるんですよね。
和夫
確かに連休明けって憂鬱になるよね

お正月やGW、お盆等の大型連休はとても楽しいのですが、どうしても休み明けはテンションが下がって仕事に行くのが嫌になってしまうもの…。そう考えている方、連休明けのテンション下がりを克服するためにちょっとできる一工夫を取り入れてみませんか。

連休二日前位から普段の生活リズムに戻すこと

連休明けの仕事開始日、しっかり休みを満喫したのになんだか疲労していることってありませんか。それは、心身ともにお休みモードのだらけた生活リズムに身体が慣れてしまって、普段の生活リズムに戻すことが苦痛だからです。

また、その苦痛が仕事に行きたくない気持ちを大きくしてしまいます。よって、仕事が始まる最低前日には生活リズムをある程度普段のものに戻しておくと良いのです。

しかし、前日だけではなかなか仕事と同じ生活リズムに戻すのは厄介なものです。なので、二日前から普段の生活リズムに戻すように努めるのがベストでしょう。朝起きる時間が整っていると、人間はそのリズムで動くことができるのです。

連休最終日のプランは軽めの疲労程度におさえること

最終日、帰省やお出かけでがっつりと疲労してしまっては、次の日に差し支えてしまいます。だからといってだらけていると、生活リズムも戻せませんし夜もぐっすり眠れません。

よって、休みの最終日には普段の仕事と同等レベルより軽めの疲労を目標にプランをたててみましょう。

プランの中で是非おすすめなものの一つは、軽めの運動です。運動は、血流を促進して交感神経を刺激し、やる気のスイッチをONにしてくれる効果が期待できます。

連休明け初日にとりあえず出社するために…

連休明けは仕事も山積みになっており、家を出る前から嫌な気分になってしまいます。朝の準備も億劫で、出勤するまでの間にストレスが蓄積されるなんて最悪の事態は誰だって嫌でしょう。

なので、連休明け初日はなるべく考えることなく出勤できる環境を作っておきましょう。

当日着る服を用意する、持ち物をまとめて玄関に置いておく、朝食は手をかけなくてもささっと食べられるものや自分の好きな食べ物にする、お弁当づくりはやめて外食にするといった風に、朝のストレスを軽減する工夫をしておきます。それだけで随分出勤前の心のハードルが下がります。

連休明け初日をなんとか乗り切ることだけを考える

連休明けはたくさんの仕事が待っているでしょうが、そのことばかりを考えると気が滅入ってしまいいつもの効率を取り戻すには程遠くなってしまいます。

連休明けの初日は、とにかく今日だけを乗り切ることだけを考えるのです。流れに身を任せ、目の前にあるものからどんどんこなしていくようにしましょう。また、簡単なタスクから処理していくのもウォーミングアップにつながって良いでしょう。

ただ今日一日を会社で過ごすことだけを目標にしましょう。

次の休みの計画を練ろう

連休前はあんなにうきうきしていたのに、連休が終わったらなんだかがっかりしてしまうのは楽しい時間が終わってしまったからです。

連休前のきつい仕事も、頑張ってこなせたのは楽しい気分だったからです。楽しいことを考えている間、人間はあまり疲労感を感じません。よって、連中が終わった途端に次の休みのことを考えるのは、疲労感から逃げる方法として良いのです。

それに、次の休みのプランを練るということは目標を立てることにつながります。例えば、「次の休みまで2万円貯金してデートしよう」「次の休みまで3kg体重を減らして服を買って出かけよう」といった風にです。目標を持てば、何のために会社に行くのか明確になりモチベーションが上がります。

ランチやおやつは豪華にする

出勤当日、いつものお昼ではテンションも午前中のままの憂鬱気分を引きずってしまいます。よって連休明けのランチは、是非ともいつもより楽しくしたいものですね。

頑張って出勤できた自分へのボーナスとして、リッチなものを食べるのも良し、リッチではなくても自分の好きなものを用意すると気分も晴れやかになります。

また、仕事の合間におやつを食べることができるのであれば、それも奮発すると良いかもしれません。

美味しい物を食べて、引き続き頑張れるようなプチボーナスを用意することは、その日を乗り切るためには必要なのです。

仕事が終わった後は自分を甘やかすご褒美を用意しておく

仕事が終わるまでのモチベーションを維持するため、退社後のご褒美を用意しておくこともおすすめです。

例えば、ちょっとしたショッピングをする、映画をレンタルする、美味しい食べ物を食べる等の予定をたてておきます。また、連休明け初日はなるべく家に帰ってゆっくりできるようにしておくことも大切です。

連休明け初日はいつもよりも心も身体も疲れているのですから、ぞんぶんにリラックスしてまた明日に備えましょう。

智子
私は連休明けに頑張ったら自分へのご褒美に良い入浴剤を用意しているわ
和夫
自分を甘やかすってことはとても大切なんですね!

まとめ

大型連休後憂鬱になる背景の一つには、どうしても連休前と同じ働きを自分に求めることが原因の一つではないかと私は思います。

よって、あまり自分の意識を高く持ちすぎず、とりあえず初日だけなんとか乗り切ればいいのです。もしも翌日もまた憂鬱な気分であれば、またその日だけを乗り切ることを考えて日々を過ごしていれば、そのうち元の生活に慣れてくるはずです。

大型連休明けのお仕事はとてもしんどいものですが、お仕事があるからこそお休みは楽しいのです。連休は終わってもまた次の連休はやってきます。大型連休後の数日を乗り切るために、上手に自分をだましたり甘やかしたりしながら頑張ってお仕事に出かけましょう。

自分の適正年収を調べる

「転職サイト@type」に登録すると自分の適性年収を調べることができます。

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

もちろん、全てのサービスを無料で利用できるので、求職中の方はもちろん、就業中の方も、自分の適正年収がどれぐらいなのかを調べてみて下さい。